アミノポリカルボン酸型キレート剤、アミン系・亜硝酸系の気化性防錆剤の製造、キレート剤、防錆添加剤、防錆剤の専門メーカー

製品検索

製品情報

お問い合わせ
大阪本社 06-6679-4568

〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1102号(あべのメディックス11階)

東京支店 03-3664-6044

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町6番3号(日本橋山大ビル 7階)

メールお問い合わせはこちらから

防錆剤

気化性防錆紙製造用(含浸型)

気化性防錆紙製造用(含浸型)                                            
主な
対象金属
商品名 性状 使用方法 特長 包装
キレスコート2A 淡黄色または黄色液体
比重(20℃) 1.16~1.20
pH(1%) 7.1~9.1
気化性さび止め紙の製造には中性紙に20~30g/m²を含浸させて気化性防錆紙を製造する。 鉄鋼、錫や錫めっき品に優れた気化性防錆力を発揮する。接触防錆では亜鉛にも効果を示す。
初期防錆力に優れた JIS-Z-1535 1種1級H型の防錆紙が製造できる。
銅やアルミニウムには悪影響を与えない。
20kg/缶
キレスコートEU-2A 淡黄色または黄色液体
比重(25℃)1.18
pH(1%) 9.0
気化性さび止め紙の製造には中性紙に30g/m²を含浸させる。 JIS-Z-1535 1種1級L形の気化さび止め紙が製造できる。
アミンフリーで、空気中の水分が作用することによって気化さび止め成分を発生させるため、乾燥状態では気化損失が非常に少ない。
22kg/
バックインボックス
鉄・アルミ キレスコートB-8 淡黄色または褐色液体
比重(20℃)1.08~1.12
pH(5%) 7.2~8.2
気化性さび止め紙の製造には中性紙に10~30g/m²を含浸させる。
水溶性さび止め剤として用いる場合は水で1~5wt%に希釈する。
ボイラー・パイプ・タンク等密閉空間には60~100g/m³をスプレーする。
鉄鋼・アルミニウム用の長期さび止め性に優れたさび止め紙が製造できる。
水溶性さび止め剤として用いたり、ボイラー・パイプ・タンク等密閉を保持できる機器類の内部のさび止め剤としても効果を発揮する。
20kg/缶

200kg/
ドラム
鉄・非鉄 キレスコートCZ 淡黄色または黄色液体
比重(20℃)1.12~1.16
pH(1%) 6.0~7.0
含浸型防錆紙を製造する際の標準含浸量は20g/m²長期防錆用には30g/m²含浸させる。
水溶性防錆剤として使用する場合の標準使用量は、銅・黄銅・亜鉛の場合0.1wt%、鋼の場合0.3wt%、鋳鉄の場合1.0wt%である。
銅・黄銅・亜鉛・錫・アルミニウムに優れた効果を発揮する、含浸型防錆紙製造用の防錆剤である。
水・アルコール類、グリコール類等に溶解し、泡立ち性がない。
20kg/缶
鉄・非鉄 キレスコートCZ-2ベース 白色または微黄色粉末
pH(1%) 6.1~7.1
気化性さび止め紙の製造には中性紙に10g/m²含浸水溶性さび止め剤として用いる場合は、鉄鋼には0.05~0.3wt%、銅、亜鉛には0.01~0.1wt%、鋳鉄には1wt%以上の水溶液とする。 鉄鋼、鋳鉄、銅、黄銅、亜鉛、錫、アルミニウムに効果。
蒸気圧は低く、長期さび止めに適した気化性さび止め紙が製造できる。
泡立ち性がなく、水溶性さび止め剤としても低濃度でさびや変色を防止できる。
20kg/
紙袋