アミノポリカルボン酸型キレート剤、アミン系・亜硝酸系の気化性防錆剤の製造、キレート剤、防錆添加剤、防錆剤の専門メーカー

製品検索

製品情報

お問い合わせ
大阪本社 06-6679-4568

〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1102号(あべのメディックス11階)

東京支店 03-3664-6044

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町6番3号(日本橋山大ビル 7階)

メールお問い合わせはこちらから

防錆剤

気化性さび止め剤 (液体)

気化性さび止め剤とは常温で徐々に気化する薬剤です。気化したさび止め成分が金属表面に吸着して腐食を防止します。
粉末タイプ・液体タイプ・固体タイプ、分包品、また鉄用、非鉄金属用、各種取り揃えております。

主な
対象金属
商品名 性状 使用方法 特長 包装
キレスコートS-2 淡黄色または褐色液体
比重(20℃)0.87~0.89
pH(5%) 8.5~9.5
引火点 61℃
薄鋼板のさび止めには0.2~0.5g/m²をスプレーする。
気化性さび止め油の調合には鉱油に5~10wt%添加する。
スプレー缶製品内部のさび止めには充填物に対して0.05~1wt%添加する。
鉄鋼の接触、気化さび止め性を有し、気化さび止め力はMIL-L-46002に合格。
油膜の除去は水、有機溶剤で容易に素早く除去できる。
水、有機溶剤、油の何れにも溶解するので応用範囲が広い。
15kg/缶

150kg/
ドラム
鉄・亜鉛 キレスコートGT 淡黄色または黄色液体
比重(20℃)0.83~0.83
pH(1%) 10.5~11.5
引火点 21℃
空の鉄製燃料タンク(例えば60リットル)内部のさび止めはIPAに2wt%を希釈したものを200ミリリットルを注入。
スプレー缶内部のさび止めには原液を充填物量に対して0.1~2wt%添加する。
亜鉛めっき、ハンダめっきを施した鉄製燃料タンク内の結露によるさびを液相、気相部共に防止。
水溶液の状態でも蒸気圧が高く、気化成分の到達範囲も広く、さび止め性に優れる。
水、油、アルコール、有機溶剤に溶解。
15kg/缶
鉄・アルミ キレスコートPS 黄色または褐色液体
比重(20℃)0.92~0.94
pH(2%) 7.0~8.0
引火点 26℃
気化性さび止め油の調合には鉱油に5~15wt%添加する。
水溶性さび止め剤として用いる場合は水で1~3wt%に希釈する。
鉄鋼、アルミニウム用気化性さび止め油の調合や水溶性さび止め剤に使用。
水溶液の状態でも蒸気圧が高く、気化さび止め範囲も広く、さび止め性に優れている。
水、アルコール、石油溶剤に溶解。
16kg/缶
鉄・非鉄 キレスコート
Z-103A
褐色粘性液体
比重(20℃)0.94~0.98
引火点 82℃
気化性さび止め油の調合には鉱油に2~10wt%添加する。 亜鉛、アルミニウム合金、錫、ハンダ、銅、鉄鋼用の気化性さび止め油の調合に用いる。
アッシュレスタイプで気相、液相部共にさび止め性を示し、特に片面亜鉛めっき鋼板のさび止めに優れている。
16kg/缶

180kg/
ドラム
鉄・非鉄 キレスコートZB 淡黄色または黄色液体
比重(20℃)0.99~1.03
pH(1%) 7.8~9.8
引火点 59℃
気化性さび止め油の調合には鉱油に0.5~1wt%添加する。
水溶性さび止め剤として用いる場合は0.1wt%以上の水溶液とする。
亜鉛、アルミニウム、銅、黄銅、ハンダ、鉄鋼等に低濃度でも気相、液相部共に効果を発揮。
気化性さび止め油、水溶性さび止め剤、気化性さび止め紙の製造に用いる。
水、油、有機溶剤、アルコール類に溶解。
18kg/缶

180kg/
ドラム