アミノポリカルボン酸型キレート剤、アミン系・亜硝酸系の気化性防錆剤の製造、キレート剤、防錆添加剤、防錆剤の専門メーカー

製品検索

新製品情報

お問い合わせ
大阪本社 06-6679-4568

〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1102号(あべのメディックス11階)

東京支店 03-3664-6044

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町6番3号(日本橋山大ビル 7階)

メールお問い合わせはこちらから

ホーム > 新製品情報 > キレスライト W-410

キレスライト W-410

キレスライト W-410

開発コンセプト

本剤は、鉄鋼・鋳鉄・銅・銅合金・亜鉛に優れた効果を発揮する水溶性防錆剤です。
亜硝酸・リン・アミン・重金属を使用せず、米国(TSCA)、欧州(EINECS)、カナダ(DSL)、オーストラリア(AICS)、中国(IECSC)、韓国(ECL)、フィリピン(PICCS)の各インベントリーに収載されている成分で構成されており、各国に輸出する際に新規化学物質としての届出の必要がありません。

性状(代表値)

1)外観(20℃) 淡黄色液体
2)比重(20/20℃) 1.09
3)pH(1%、25℃) 8.2
4)主成分 脂肪酸塩
5)COD(1wt%,mg/l) 660
6)BOD(1wt%,mg/l) 3510

特徴及び使用方法

  • 本剤は、空調用密閉式冷温水系の水に添加すると、鉄鋼・鋳鉄・銅・銅合金・亜鉛に対して優れた効果を発揮し、循環・静置状態ともに、腐食や赤水の発生を防止することができます。飲料水系の水処理には使用しないでください。
  • 保有水量に対して初期使用では2,000ppm添加してください。定期的に濃度を測定し、連続運転時は500ppm以上、継続運転時は1,000ppm以上の濃度を保持してください。
  • 20~80℃において安定した効果を示し、鉄さびやスケール等の分散性に優れ、これらの付着を防止します。初期使用時にスケール等が多量に付着している場合、一気にスケールが除去され、大量の泡が発生する場合があります。その際は速やかにその液を抜き取り、新液と交換してください。
  • 機械部品等の加工途中や洗浄後の一時防錆には、1.0~3.0%水溶液として浸漬してください。
  • エマルション・ラテックス・水溶性塗料・接着剤等のフラッシュラストの防止には、樹脂量に対して1.0~3.0wt%添加してください
  • 本剤は、水に任意に透明に溶解し、泡立ち性が少なく、ハンドリング性に優れています。
  • 本剤は、化学物質管理促進法(PRTR法)、労働安全衛生法(第57条の2の通知対象物)、毒物劇物取締法に該当しません。

性能試験

浸漬試験

試験片: 鋼板 SPCC-SB 60×80×1.2mm(表面積99.4cm2) AA240番乾式研磨
銅板 40×60×3mm(表面積54cm2) 320番耐水研磨
亜鉛板(旧2種) 40×60×1.5mm(表面積51cm2) 320番耐水研磨
供試液: キレスライトW-410をASTM腐食水(Cl-,SO42-,HCO3-各100ppm含有)で0.1%,0.5%,1.0%, 2.0%に希釈し、200mlとする。これを供試液とする。
試験方法: 試験片を供試液に全浸漬し、50±2℃にて7日間放置する。終了後、水道水、アセトンで洗浄後、乾燥して、重量を測定して腐食量を算出する。

供試液の濃度(%) 腐食量mdd(mg/dm2/day)
亜鉛
0 11.2 - 4.2
0.1 8.1 0.2 12.7
0.5 0.0 - 2.3
1.0 0.2 0.2 0.3
2.0 0.2 0.1 1.1

試験後の試験片の外観

鋼板


ブランク 全面さび
 
2%添加 さびなし

銅板


ブランク 全面さび
 
2%添加 さびなし

亜鉛板


ブランク 全面さび
 
2%添加 さびなし

包装

18kg/缶